校長先生より
学校自慢


本校には万葉集の歌を刻んだ歌碑が3基あります。
 周知のとおり富山県は大友家持が国司として赴任した土地であり、とりわけ雨晴から氷見にかけての海岸線は「荒磯」の「有磯海」と称されています。
 本校の校名も、この「有磯」からとられるなど、古くから万葉ゆかりの土地柄です。氷見市内にもたくさんの万葉歌碑が建立されています。
 本校でもその土地柄にちなみ、生徒の心に残るものをということで、卒業記念として、3年間にわたり歌碑が送られたのです。
鮪衝(しびつ)くと 海人(あま)のともせる 漁火の
   ほにか出(い)ださむ わが下念(したもひ)を
(昭和62年3月 建立
茶谷 松代先生揮毫)
この雪の 消遣(けのこ)る時に いざゆかな
   山たちばなの 実の照るも見む
(昭和61年3月 建立
堀江 さと子先生揮毫)

新しき 年の始めの 初春の
   今日降る雪の  いや重(し)け  吉事

(平成元年2月 建立
佐野 昌男校長先生揮毫)

学校自慢
美術館
教育・学校
経営計画
学校運営計画
学校行事
シラバス
沿革
校歌
生徒数
進路
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School