校長先生より
教育・学校経営計画

■校訓


書・押田 雪峰
■教育目標
  1. 専門的な知識と技術を習得させ、時代の進展に柔軟に対応できる人間を育てる
  2. 基本的生活習慣を身につけ、人権を尊重し、誠実で協調性のある人間を育てる
  3. 地域から愛され信頼されて、地域のなかで育まれる学校づくりを進める
■教育方針
  1. 教科の基礎的・基本的事項の定着と習熟を図り、各学科の専門性を深める。
  2. 生徒の能力・適性・進路に応じた適切な指導を行い、進路目標の実現に努める。
  3. 社会的規範を守り、基本的人権を尊重し、他と協力する態度を身につけさせる。
  4. 自ら考え、実践し、発表できる主体的で実行力のある態度を身につけさせる。
  5. 学校の特色を生かし、地域と連携し交流を深めながら、地域に開かれた学校づくりを進めて、地域の教育センター的な役割を担う。

 

■学校経営計画

  1. 基礎的・基本的事項の定着と専門性の深化
    普通教科における生徒の学習実態を的確に把握し、学習内容の精選を図り、基礎・基本の定着を徹底させ、確かな学力をつけさせる。農業・水産・家庭科において、実験・実習などの体験的な学習を充実させ、専門的な知識と技能の習熟を図り、より専門性を高める学習と研修を行う。
  2. 進路指導の強化
    早期に進路指導を行い、進路に対する意識を高める。生徒の職場体験と教職員の職場開拓を積極的に進める。進学体制を整備して、進学者に的確な対応を行う。
  3. 生活指導の徹底
    通年の校門指導を行い、遅刻の防止・挨拶の励行・正しい服装を徹底する。
    「朝読書」を通して、集中力を養い、情緒の安定を培う。
  4. 特別活動の推進
    学校行事、ホームルーム・生徒会・部活動、ボランティア活動等を通して、主体性や自主性、積極性と協調性を養う。
  5. 地域に根ざした特色ある学校づくりの推進  
    専門高校としての特徴を十分発揮し、地域と連携し交流する。
    「有磯高校ネットワーク協議会」「学校開放講座」の事業を積極的に進め、地域に信頼され、必要とされる学校づくりを目指す。

学校自慢
美術館
教育・学校
経営計画
学校運営計画
学校行事
シラバス
沿革
校歌
生徒数
進路
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School