化学 T
教科・科目
対象学年
対象学科
単位数
教科書
使用教材
理科・化学I
3
水産食品科
2
新編 化学I(東京書籍)
ニューサポート新編化学I
科目の概要と目標
化学的な事物・現象についての観察・実験などを行い、自然に対する関心や探求心を高め、化学的に探求する能力と態度を育てるとともに、基本的な概念や原理・法則を理解し、科学的な自然観を養う。
単  元
学習内容
到達度目標
第2編
物質の変化
2章 酸と塩基
1.酸と塩基
2.水素イオン濃度とpH
  実験:水溶液のpHを調べる
3.中和反応と塩の生成
  実験:中和滴定
4.中和反応の量的関係と中和滴定

3章 酸化と還元
1.酸化と還元  
2.電池
3.電気分解
  実験:電池を作る
酸・塩基の性質を身近な例を挙げながら理解し、価数や強弱と電離度の関係について理解する。
水の電離と、水素イオン濃度とpHの関係について学び、指示薬の役割や種類について理解する。
酸と塩基の中和について学び、生活において中和がどのように利用されていたり役立っているかを、興味を持って理解できる。
中和滴定の実験から中和の量的関係を理解する。
実験器具を適切に使用することが出来る。
演示実験を通し、酸化と還元の実際について観察し、定義を理解する。
酸化数の考え方について理解する。
酸化剤、還元剤の関係を理解する
金属のイオン化傾向を学び、金属の反応性について理解する。
電池の仕組みや電気分解の仕組みについて学び、ファラデーの法則を理解する。
第3編 
無機物質
1章 非金属元素の単体と化合物
1.元素の分類と周期表
2.ハロゲンの単体と化合物
  実験:塩素の製法と性質
3.酸素・硫黄の単体と化合物
4.窒素・リンの単体と化合物
5.炭素・ケイ素の単体と化合物
6.水素と希ガス

2章 金属元素の単体と化合物
1.アルカリ金属の単体と化合物
2.2族元素の単体と化合物
3.アルミニウム・亜鉛の単体と化合物
4.遷移元素の単体と化合物
5.金属イオンの確認と分離
  実験:各金属についての実験。

非金属元素の単体や化合物の性質や製法が整理できる。
資料集などを見て色の変化なども楽しんで覚える。







各金属元素の単体や化合物の性質・反応を理解できる。
身近にある金属元素を含む物質を学ぶ。
金属イオンの確認と分離が出来る。


 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School