数学 T
教科・科目
対象学年
対象学科
単位数
教科書
使用教材
数学・数学T
1・2年
全学科
3
新数学T(東京書籍)
ニューファースト新数学T
(東京書籍)
科目の概要と目標
方程式と不等式、二次関数及び図形と計量について理解させ、基礎的な知識の習得と技術の習熟を図り、それらを的確に活用する能力を伸ばすとともに、数学的な見方や考え方のよさを認識できるようにする。
単  元
学習内容
到達度目標
整  式 整式の加法、減法

整式に関する用語を理解する。
整式を整理して、整式についての加法、減法の計算ができる。

整式の乗法 指数法則と分配法則にもとづいて、整式についての乗法の計算ができる。
展開公式を自在に使いこなすことができる。
因数分解 因数分解公式を自在に使いこなすことができる。
実  数 数の分類 数の分類をすることができる。
根号を含む式の計算 根号を含む式の計算に習熟し、分母の有理化ができる。
方程式と不等式 1次不等式 数量の間の大小関係と不等式の性質を理解し、1次不等式を解くことができる。
2次方程式 2次方程式を解くことができる。
2次方程式を利用して応用問題を解くことができる。
2次関数 2次関数とそのグラフ 関数の定義域・値域がわかる。
放物線の性質(軸と頂点、グラフの凹凸)がわかる。
の形に変形することができる。
2次関数のグラフをかくことができる。
2次関数の値の変化 2次関数の最大最小を理解し、具体的な問題に応用できる。
2次関数のグラフと2次方程式の関係を理解し、グラフとx軸との共有点の座標を求めることができる。
2次関数のグラフを利用して、2次不等式を解くことができる。
図形と計量 鋭角の三角比 三角比としてのタンジェント、サイン、コサインの意味を理解し、直角三角形の辺と角の基本的な関係を使うことができる。
三角比の拡張 角を鈍角あるいは 0°90°180°の場合まで拡張し、三角比相互の基本的関係を応用することができる。
図形の計量 一般の三角形の辺と角との間に成立する三角形の面積の公式と、正弦定理、余弦定理を導き、それらを活用することができる。
空間図形における三角形に対して三角比を適用することができる。
面積や体積の比と相似比のつながりを理解し日常の応用に役立てることができる。
球の表面積、体積を求めることができる。

 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School