H23年度
学校運営計画

平成23年度 重点課題(学校アクションプラン)
| No.1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
有磯高校アクションプラン No.1
重点項目
学習活動
重点課題
(農業科教育)
自分の進路実現に向けて積極的に学習に取り組み、より多くの資格検定等に挑み、課題を解決していく力を高める。
現状
資格取得・各種検定等に対して興味・関心・意欲はあるが、自学自習の習慣が確立しておらず、学習意欲も持続することが難しい。
達成目標
生徒の進路目標を明確にし具現化するために、必要な資格一人2つ以上の取得率65%以上を目指す。
方策
日本農業技術検定3級の合格を目指した指導体制を充実させ、専門教科や科目内での指導の徹底を図り、生徒が主体的に取り組めるよう、補充授業の実施、週末課題等を課すなど計画的に指導にあたる。

平成23年度 学校総合評価・アクションプラン評価
有磯高校アクションプラン総合評価 No.1
達成度

3年間を通して生徒の資格取得数は延べ57で、2つ以上の取得者の実数は16名、一人当たりの資格取得数の平均は2.9となった。その結果、2つ以上の取得達成度は80%(昨年の2年次での達成率は50%)となり、目標を上回ることができた。

具体的な
取組状況

時間をかけて地道に教科内での指導や、長期休業を利用して学習に取り組んだ成果の一部があらわれた。生徒は資格取得を通して、生涯に根ざして学ぶことの大切さや、自分の進路決定に向けて真剣に深く考える良き機会となった。
目標とした数値には到達したが、生徒が内定した進路と直結した資格でないものも含まれており、今後の資格取得指導の在り方や、キャリア教育(進路指導、インターンシップ等)との関係について検討が必要と思われる。
評価
B
各自の進路目標が定まってからは、意欲的に学習に取り組む姿勢が見受けられるようになった。
学校関係者の
意見
(学校評議員)
資格取得は生徒の自信につながる。これからもきめ細やかな指導をお願いしたい。課題研究など地域に情報を提供することはよいと思う。

評価基準
A 達成した
B ほぼ達成した
C 現状維持
D 現状より悪くなった

 
| No.1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
H22年度
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
H21年度
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
  評価
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School