H23年度
学校運営計画

平成23年度 重点課題(学校アクションプラン)
| No.1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
有磯高校アクションプラン No.7
重点項目
特別活動
重点課題
学校行事を通して、望ましい人間関係を形成し、集団への連帯感を高め、よりよい学校生活を過ごそうとする自主的、実践的態度を育てる。
また、最後の卒業生となる生徒たちに、「有磯に来てよかった」と感じられるイベントを企画する。
現状
生徒会執行部の活動は、年々活発になっているが、一般の生徒は生徒会活動や学校行事に興味関心が薄く、他人任せにしている傾向がある。
また、「有高生」としてのプライドを持てない、スクールアイデンティティーを感じない生徒が多い。
達成目標
生徒会主催の学校行事や生徒会企画の活動に積極的に参加する。
「有磯に来てよかった」と感じ、スクールアイデンティティーを持つ。
各行事、活動に対して、積極的に参加した生徒数 :全体の90%以上
各行事、活動に対して、満足感を示す生徒数 :全体の90%以上
方策
広報活動を積極的に行い、生徒会活動への関心を高める。
事前にアンケートなどで生徒の意見を取り入れ、生徒主体の行事となるように計画する。
「有磯ファミリー」としての良好な人間関係の確立を図る。
他校では体験できない、本校独自の行事を企画立案し、全校生徒、職員、保護者等、全ての関係者でその企画を楽しむ。

平成23年度 学校総合評価・アクションプラン評価
有磯高校アクションプラン総合評価 No.7
達成度
各生徒会行事終了後のアンケート結果
※満足度:(A(とても良かった)+B(良かった))−(C(悪かった)+D(とても悪かった))
6/10 (金) 「校外学習 in 太閤山ランド」
(95.1%)
11/19 (土) 「文化祭『Ariso Final festival』」
(89.2%)
2/10 (金) 「スポーツレクリエーション大会」  

具体的な
取組状況

上記以外の生徒会活動
6/28(火) 生徒会主催清掃奉仕活動(「さわやか運動」連携) 
8/6(土)・7(日) 「第39回ひみまつり」学生スタッフ
11/12(土) 第23回富山県高等学校文化祭・第36回全国高等学校総合文化祭プレ大会総合開会式
「心のとも運動」(募金活動)
10/25(火) 生徒会主催清掃奉仕活動(「さわやか運動」連携)〈雨天中止〉
評価
A
1〜2学期に企画したイベントの平均満足度は92.2%であった。コメント欄の意見を踏まえた上でも、目標は達成されたと考えている。
学校関係者の
意見
(学校評議員)
「生徒に寂しい思いをさせたくない。」という気持ちが伝わる行事の企画構成だったと思われる。自分たちが学生の頃は、ここまで(先生方に)親切にしていただいた覚えはないので、今の生徒達は幸せだと感じた。

評価基準
A 達成した
B ほぼ達成した
C 現状維持
D 現状より悪くなった

 
| No.1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
H22年度
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
H21年度
  経営計画
  教育計画
  重点課題
(アクションプラン)
  評価
   
   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 |サイトコンテンツこのサイトについて
Copyright(c) 2005-2012 ARISO High School