学校紹介

   砺波平野の真ん中にある小矢部園芸高校は、
   平成23年に創立60周年を迎えました。
   自然あふれる恵まれた環境の中で、
   今話題のガーデニングや花・野菜作りが学べます。
   また、生徒数が少なくアットホームな雰囲気で、
   生徒一人ひとりの目標や悩みに
   きめ細かく対応しています。

設置学科

   本科   定時制課程 昼間単位制 園芸科  2学期制
   専攻科  園芸科(高等学校卒業後、造園・園芸で地域緑化の推進、普及に応える人材を育成) 

本校の特色

   1 特徴的教科・教育活動
      ・定時制・通信制の体育・文化活動に参加
      ・資格取得に対応した多様な科目(「測量」「フラワーデザイン」「造園技術」等)を設置
      ・農業の先端に対応した科目(「植物バイオテクノロジー」「有機野菜」「造園デザイン」等)を設置
      ・各種の資格取得を増加単位に認定
      ・インターンシップを増加単位に認定(県内外委託実習)
      ・日本学校農業クラブ連盟に加入し、各種競技大会に参加

   2 ボランティア活動
      ・地域の農業祭に参加
      ・地域の公共施設にプランター配置
      ・特別老人保健施設の雪吊り・雪囲い・地域の清掃美化活動
   3 国際理解教育
      ・小矢部市内高等学校生徒合同海外派遣研修

校訓
      叡知・感性・畏敬

教育目標

   1 農の心を伝承する
   2 花を呼び寄せ、資質を磨く
   3 培った成果を発信する

教育方針

   1 学びたいものを自分で明確にする
   2 何事も実践に重きをおく
   3 多くの人の心の交流を大切にする
   4 責任意識を持ち、行動する
   5 楽しく学びを体験する