校 章

 平成22年度より、高等部に福祉・サービス科を新設し、軽度の知的障害のある生徒を受け入れ、複数の障害に対応する特別支援学校となった。

 「a」は、「龍の落とし子」。龍は、天に雄飛するといわれている。聴覚障害児・知的障害児も龍のように飛躍してもらいたいという願望を表している。
 「b」は、校訓である、「明朗」「誠実」「敬愛」を表している。

 また、a・bの数は、共に3つあるが、「三本の矢」の故事にならい、聴覚障害児・知的障害児がそれぞれ協力し、互いの障害を認め合い、共に育ち合う願望がこめられている。

 「」は、富山県立高岡聴覚総合支援学校の「高」である。

平成22年4月1

平成元年1月8日 制定
作詞:筏井 弘
作曲:大澤 欽治
一、  天高く山の秀澄みて 
    さやかに瞳かがやく
    ここに学ぶ友
    望み高く
    生きる力を共に育てむ

二、  雲白く川の瀬冴えて
    きよらに心うるほす  
    ここに学ぶ友
    思ひ深く
    生きる喜び共に歌はむ

三、  風清く白露満ちて
    ゆたかに生命あふるる
    ここに学ぶ友
    心聡く
    生きる理想を共にかかげむ
校 歌