学校教育目標

豊かな心をもち、たくましい実践力を身に付けた子どもの育成

育てたい子ども像

きもちのよいあいさつをする子
力いっぱい運動する子
じっくり話を聞く子
まわりの人となかよくする子

めざす学校の姿

明日も、来たくなる学校
分かる・できる・楽しい授業、活気と楽しさのある学校
一人一人に居場所のある学校
安全で安心な学校
いのちと人権尊重、危険予知能力の育成
限りなく「いじめゼロ」に
信頼され、開かれた学校
学校からの積極的な情報発信、家庭や地域との連携・協力
公民館や児童センター、学習支援ボランティアの活用
「とやま型学校評価システム」の継続実施

本年度の重点目標

基礎・基本を徹底し、定着を図る

心の教育の充実を図る

学校の概要

学校の概要のページでご覧下さい。

学校経営の方針

学校教育の充実

  1. 学習の構え(姿勢 ・態度)をしつけて真剣に学習に取り組ませ、学習することの楽しさを味わわせる。
  2. 少人数指導などの指導方法や学習形態を工夫、学力を定着させる。
  3. “思いやりの心”や“がまんする心”、“バリアフリーの心”を育てる。
  4. 体験活動やボランティア活動を推進し、充実させる。
  5. 朝の全校読書の 推進と図書館利用を一層活性化し、情操や豊かな心を育てる。

生徒指導の充実

  1. 児童と教師がふれあいを深めて信頼関係を築くとともに、厳しさの中にも温かさのある指導に努める。
  2. 集団生活のマナー・モラル・ルール(マ・モ・ル)が身に付けさせるとともに、逸脱した言動には毅然とした態度で指導に当たる。
  3. 全教育活動の中に、児童一人一人が居場所のある喜びや充実感を味わうことができるように努める。
  4. 保育園児や他学年との異年齢間交流を深め、思いやりの心や対人関係能力を高める。

家庭・地域社会との連携

  1. 家庭と協力・連携して『早ね、早起き、しっかり朝ごはん』の生活習慣を定着させる。
  2. 『明るいあいさつ笑顔で会釈』を地域にも啓発し、明るい安全な地域づくりに貢献する。
  3. 家庭や地域への積極的な情報発信と、学校参観などを通して信頼され、開かれた学校づくりに努める。
  4. 公民館や児童センターなどの身近な施設や地域の学習支援ボランティアを積極的に活用して、余暇の活用能力や社会性の向上を図る。

現職研修

  1. 個人研修課題を設けて自己評価を行い、教員一人一人が教師力の向上に努める。
  2. 互「研」授業を定期的に行い、指導方法の工夫・改善に努めて授業力の向上を図る。
  3. 学校や通学路で起こりうる事故を想定した研修を進め、教員の危機管理能力を高める。

 

学校経営の課題と対策

基礎・基本の徹底と定着
豊かな心の育成と人間関係づくり
体力つくりと食育、健康安全
開かれた学校づくりの推進

 

生徒指導の重点と指導体制

生徒指導の充実といじめを生まない環境づくり
自主性・協力生・社会性の育成
一人一人のよさや可能性を尊重し、互いに認め合う人間関係づくり

 

学年別運営目標

学校の教育活動の母体は、学級・学年である。学校教育目標を受け止め、学習指導、学級運営を通して、一人一人がよさを発揮し、互いに認め合い意欲的に活動する楽しい学年・学級づくりに努める。

学年ごとの運営目標は、学年別運営目標(PDFファイル)で提供します。

 

学校経営全体構想

学校経営全体構想は、学校経営全体構想(PDFファイル)で提供します。

 

研修計画

研修主題

かかわり合いながら、確かな学びの力を身に付ける子ども育成
ー 言葉で伝え合う活動を通して ー

研修主題解明の仮説

仮説1
一人一人の実態をとらえ、思いや願いを大切にしたかかわりの場を設定することにより、子どもたちは意欲的に学習や活動に取り組み、問題を解決していくことができる。
仮説2
かかわり合う中で、新たなものの見方や考え方に気づけるような支援を工夫することにより、子どもたちは考えを広げたり深めたりすることができる。
仮説3
一人一人の学びを的確にとらえ、子どもが自分の学びの高まりを実感できる評価を工夫することにより、分かる楽しさやできる喜びを感じ、かかわり合う意欲を高めながら学ぶことができる。
 

くわしくは、研修計画のページ

各教科の指導

学習指導の方針

重点項目(身に付けさせたい力)

重点項目は、各教科の指導/重点項目のPDFファイルで提供します。

各教科の指導の重点

各教科の指導の重点は、PDFファイルで提供します。

 

道徳教育

道徳教育の全体構想

道徳教育の全体構想はPDFファイルで提供します。

道徳の時間の指導の重点

道徳の教育目標
自らの生き方を見つめ、心豊かでたくましく生きる児童を育てる

心に響く資料の選定・開発を図り、その効果的な活用に努める。

道徳的価値の内面的な自覚を深める指導の工夫に努める。

<多様な展開の例>

道徳的実践力を育てる。