平成16年9月1日

保 護 者  各 位

魚津市立吉島小学校

校 長  本 元 義 明

 

児童の交通安全について(お願い)

 

初秋の候 保護者の皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

2学期も始まり、久しぶりに学校に子供たちの元気な声が戻ってきました。保護者の皆様方のご配意により、夏休み中、子供たちが大きな事故にあうことなく元気に登校してくれたことを、職員一同心から喜んでおります。

この2学期も子供たちが交通事故などに遭うことなく、元気に学校生活を送れるように特に下記のことに今後ともご留意していただきますようお願いいたします。できれば、お子さんと一緒に一つ一つ確認し約束していただければ、より子供たちの安全意識も高まるものとの思います。

よろしくお願いいたします。

 

 

1 自転車に乗るとき

        横断(おうだん)は、いったん()まって(かなら)安全(あんぜん)(たし)かめよう。

        右折(うせつ)左折(させつ)は、安全(あんぜん)(たし)かめ合図(あいず)をしよう。

        信号(しんごう)(かなら)(まも)り、(ただ)しく(おうだん)しよう。

        道路(どうろ)左端(ひだりはし)1(れつ)(はし)ろう。

        大通(おおどお)りに出るときは、(かなら)()まって安全(あんぜん)確認(かくにん)をしよう

        ()がるときは後方(こうほう)確認(かくにん)をしっかりしよう

        道路(どうろ)自転車(じてんしゃ)競争(きょうそう)はやめよう

        二人(ふたり)()りはやめよう。

        かささし、無灯火(むとうか)運転(うんてん)はやめよう。

        手放(てばな)し、サンダルばき運転(うんてん)はやめよう

        ブレーキ、反射器(はんしゃき)などを(ただ)しく整備(せいび)しよう。

        からだに()った自転車(じてんしゃ)()ろう。

        ハンドルに荷物(にもつ)をかけるのはやめよう。

        ()行者(こうしゃ)専用(せんよう)道路(どうろ)ではゆっくり(はし)ろう

 

 

2 自転車点検

□サドル・・・・しっかりと固定されているか

         体に合った高さになっているか(両足のつま先が地面に着く程度)

□ハンドル・・・前輪と直角に固定されているか

□ベル・・・・・ベルはよく鳴るか

□チェーン・・・ゆるみすぎていないか

□タイヤ・・・・傷や穴はないか

溝と空気は十分か

□反射材・・・・ついているか

汚れていないか

□ライト・・・・点灯するか(10m前方がよく見えるか)

□ブレーキ・・・前輪・後輪とも良くきくか(時速10kmのとき、ブレーキをかけてから3m以内で止まるか)

 

※ 自転車の交通違反

お子さんと話をするとき、自転車であっても車と同じように交通ルールを守らないと交通違反となり罰則が科せられることを知らせるのも、交通安全への意識を高める上で効果があります。

(例)

○二人乗り

2万円以下の罰金又は科料(16歳以上の運転者が幼児1人を補助椅子をつけて同乗させることはできる)・・・・道路交通法第55・57条

○並進

2万円以下の罰金又は科料(標識により並進可の場所を除く)

・・・・・道路交通法第19条

○歩行者妨害

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金・・・・道路交通法第17条の1

○信号無視・「一時停止」無視

3ヶ月以下の懲役又は5万円以下の罰金・・・・道路交通法第7条・第43条

○夜間の無灯火運転

5万円以下の罰金 過失罰あり・・・・道路交通法第52条

○酒酔い運転

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金・・・・道路交通法第65条