1 学校教育目標

豊かな心をもち、たくましい実践力を身に付け 21世紀を生きる児童の育成

<育てたい児童像>

D きもちのよいあいさつができる子・・・自他を尊重するコミュニケーションの源

E 力いっぱい運動する子・・・・・・・・生きる力の源

F 自分の考えをはっきり話す子・・・・・生きる知恵、知識、行動の源

G まわりの人となかよくできる子・・・・道徳的心情や社会的規範の源

 

2 本年度の重点目標

一人一人の児童が生き生きと光り輝くための学びの環境づくりに努める。

 

3 学校経営の方針

(1)学校教育の充実

ア 聞く力、話す力、読む力、書く力、調べる力、まとめる力、計算する力、思考する力、発見する力、創造する力など、知恵と知識を高める。

イ 挨拶できる力、人とよりよくかかわる力、人を思いやる力、美しいものに感動する力、自然を尊重する力、命を大切にする力、善悪を判断する力、自分のよさを見つける力など、豊かな心をはぐくむ。

ウ 楽しく遊ぶ力、有意義に過ごす力、早寝早起きの力、食べる力、運動する力、規則正しい生活ができる力など、たくましい体を育てる。

エ 一人一人のよさや違いを認め合い、それぞれのよさや可能性、確かな学力を伸ばす少人数授業の在り方や指導と評価の一体化に努める。

オ 驚きや感動を生む体験的な学習や問題解決的な学習を展開し、主体的に楽しく学ぶ態度を身に付けさせながら、基礎基本の充実を図る。

(2)生徒指導の充実

ア 一人一人のよさや可能性を尊重し、互いに認め合う人間関係づくり、支持的な雰囲気のある授業づくりに努めるとともに、道徳や特別活動を中心にしながら思いやりの心や規範意識を育てるよう工夫する。

イ 児童の発想を生かし、自己決定できる場を多く設定し、存在感や成就感を味わい、自主性・社会性・協力性が身につくよう工夫する。

ウ 奉仕活動、交流活動などを推進することにより、感動する心や人としての生き方を学ばせるように努める。

エ 全教職員の研修を深める中で一人一人の態様に応じた共感的な児童理解に努め、組織的に問題解決に当たる。

(3)家庭・地域社会との連携

ア 学校の教育活動を積極的に公開し、内外に開かれた学校づくりに努める。

イ 学校外活動へも積極的に参加し、家庭・地域社会とのパートナーシップの構築を図る。

ウ 地域の人材、施設などの活用、公民館や児童センターなどとの連携を深め、児童の個性伸長、望ましい生活習慣や豊かな心の育成、余暇活用能力の向上等を図る。

(4)現職研修

ア 実践的な指導力や職務遂行能力、危機管理能力の向上に努める。

イ 学団や学年の情報交換を密にし、学習指導、生徒指導の充実に努める。

 

4 学校経営の課題と対策

課  題

対     策

・ 知恵と知識を高める。

(基礎基本の定着と確かな学力の伸長)

 

 

・ 豊かな心をはぐくむ。

 

 

 

・ たくましい体を育てる。

(健康・安全に対する意識の向上)

 

 

・ 学校改善に生かす評価を進める

・ 自然とのかかわりの中で、独創性、知的好奇心、探究心を高める課題解決的な学習を展開する。

・ 算数の少人数指導、理科のTTの充実を図る。

・ 「遊学のすすめ」や「親子自由研究のすすめ」などを活用し、一人学びを推進する。

・ 奉仕活動、交流活動などを通して人とのかかわり方を学ばせ、あいさつや美しい言葉遣いなどは型を示す。

・ 子供同士がかかわり合い、支持的雰囲気のある授業づくりに努める。

・ 体力つくりの時間を設定し、継続的な体力増進を図る。

・ 食事の大切さを具体的な事象に基づいて指導し、給食の残食ゼロを目指す。

・ 現地指導を徹底し、危険予見能力を高めて事故を未然防止に努める。

・ 学校の自己評価、外部評価などの改善を進め、教育活動の成果や課題を明らかにして指導の充実・改善に努める。

 

5 生徒指導の重点と指導体制

重  点

指  導  体  制

・ 校内生徒指導体制の円滑な運営と問題を生まない環境づくりに努める。

 

 

 

 

 

 

・ 一人一人のよさや可能性を尊重し、互いに認め合う人間関係を構築する

・ 思いやりの心や規範意識を育てる。

・ 自主性・社会性・協力性を身に付ける。

・ 感動する心や人としての生き方を学ばせる。

・ 学期に一度、教育相談週間、月1回の校内生徒指導推進委員会の開催などを通して情報交換を緊密に行い、問題行動や不適応を起こす児童、配慮を要する児童への共通理解を図りながら迅速な対応を行う。

・ 生徒指導上の諸問題の前触れ、小さな事故・事件を見逃さず、早期の対応を図る。

・ 「環境が心を育てる」という認識に立ち、ブロークン・ウィンドウ理論による問題を生まない環境づくりに努める。

・ 授業は生徒指導の生命線という認識に立ち、支持的な雰囲気のある授業づくりに努める。

・ 児童が自己存在感や成就感を味わうことを通して、自分に自身と誇りをもつことができるように、自己決定の場を設けるように努める。

・ 異学年の交流、奉仕活動、生き物の飼育栽培、お年寄りとの交流などを通して、感動する心や生き方を学ばせる。

・ ハートフル活動推進事業を通して、家庭・地域との連携を図りながら、「地域の子供は地域で育てる」という環境の醸成に努める。